今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業の報告(平成28年6月20日)
~企業の雇用管理改善が生産性向上・業績向上に効果的であることを実証~

近年、景気の緩やかな回復基調に伴い、有効求人倍率が上昇傾向にある中において、特に中小企業の多くで人材不足が常態化することが予想されます。そのため、企業の労働条件や職場環境等の改善の取り組みと、労働生産性及び業績の向上との関連性を把握し、雇用管理改善等による有効なミスマッチ解消のあり方について検討することを目的に本調査研究事業を行いました。厚生労働省は、本報告をホームページに公表するとともに、今後の施策に活用していきます。

アンケートのお願い